洗顔法が間違っている

「ナチュラルな自分の演出」で敏感肌すっぴん生活をカバー!

30代後半の女性です。

 

敏感肌6
三十路に入ったあたりから、敏感肌が急激に悪化してしまい、メイクもほとんどできない状態になってしまいました。化粧下地やBBクリームですらもかぶれたり、荒れたりすることが頻発するので、とうとうすっぴんで生活をせざるを得なくなってしまったのです。

 

私は在宅の仕事をしている兼業主婦なので、仕事上化粧をしなくてはならない…というケースではありません。それでも、外に出るからにはそれなりの身だしなみは必要だと思います。ですから当初はすっぴんで外出するのが恥ずかしくてたまりませんでした。

 

今では仕方がないので覚悟を決め、それまでの自分のイメージを一新させ、スポーツウェアを多用して「ナチュラルメイクの健康奥さん」というイメージを通しています。

 

着ている服をなるべく寒色系(ブルーやグリーンなど)のビビッドなものにし、カバー力のあるメイクをしなくても、コントラストで元々の肌の白さが強調できるように心掛けます。

 

眉毛ペンシルやビューラーなど、肌に負担をかけずに印象を操作できるものは多用し、少しエアリー感のある軽いヘアスタイルに気を配るのもポイントの一つです。

 

要は、自分のトータルな印象を『演出』することで、相手に「化粧をしていないんだな」「だらしないな」という気持ちを起こさせない心配りをする…という作戦です。

 

実際、子どもの幼稚園送迎などでは「〇さん、とっても元気そうですねえ。何かのスポーツ選手なんですか?」という風に、思惑通りの反応をして下さる同年代〜年上の方が多いので、本当に心底ほっとしています。

 

実際、ジョギングなどの軽運動も欠かさずに続けているので、筋肉もついて見掛け倒しというわけではありません。それでも、食生活やストレス改善に気を付け、日焼け対策の衣類などもしっかりと配慮して、すっぴんに近いもとの肌状態を極力「健康な」コンディションにキープする、という努力は続けています。

 

どうしてもスポーツウェアやナチュラルイメージに抵抗がある、という方以外なら、ぜひお試しください。案外、新しい自分のイメージの発見につながるかもしれませんよ。

 

敏感肌の個人的ケアをひたすら掲載するサイト

関連ページ

洗顔法が間違っている
敏感肌は肌バリア機能がとてもよくなってちょっとした刺激で敏感に反応してしまう肌であり、化粧水が染みたりなど症状があります。
敏感肌は洗う回数を減らす
まず洗顔料の仕様をやめてターンオーバーを正常にして健康な角質層を作る必要が出てきます。洗顔料を使わないと余計洗ってしまうリスクもなくなり自然に肌が育ってくれ敏感肌から脱出でます。