敏感肌の改善にはまず丁寧な保湿ケアを

敏感肌の改善にはまず丁寧な保湿ケアを

私は乾燥肌かつ敏感肌です。
私のように肌の乾燥から来る敏感肌に悩まれている方に、私なりの対策法をお伝えしたいと思います。

 

どんな肌質であっても、やはり、一番のお肌のお手入れの基礎は保湿です。

 

ところが、敏感肌の方の場合、化粧品が沁みたり、ピリッと痛みを感じたりしてしまうことが多いです。
その場合は、無理をせず、その化粧品の使用は一旦中止し、まずは敏感肌用の化粧品を使用して、肌が落ち着くのを待ちましょう。
また、肌のお手入れの方法も重要です。ひと手間掛けるだけで、肌の質というものは格段に良くなります。
ただ化粧水をパシャッと顔につけたり、乳液やクリームを塗りつけるだけでは、どんなに高級なブランドの化粧品を使用しても、十分な効果を発揮してくれません。

 

折角、肌のお手入れをするのですから、化粧品の効果がきちんと発揮されるよう、正しい使い方をしたいものです。

 

  • まず、お風呂後や洗顔後は、恐ろしい程の速さで皮膚から水分が蒸発していきます。

ですから、お風呂を上がったり洗顔をした後は、一刻も早く肌のお手入れをし始めましょう。時間との勝負です。

 

  • また、化粧水はたっぷりと使用し、丁寧にお肌に入れ込みましょう。

コットンを使用する場合はお肌の内側まできちんと浸透するように何度もパッティングし、手で塗る場合は丁寧に押し込むようにハンドプレスをしながら塗ります。

 

  • その後、美容液や乳液、クリームなどを塗りますが、これも適当に乗せるのではなく、有効成分がきちんと肌の内側まで届くように、丁寧に塗り込みます。

優しくマッサージをしながら塗ると血行も良くなります。
敏感肌11
このように、少し時間はかかっても丁寧にケアをすることで、乾燥を改善することができます。
水分が満ちている肌は、乾燥肌に比べて肌のバリアー機能が強くなるため、紫外線や化粧品や環境汚染物質などの外部からの刺激にも耐えることができます。

 

つまり、乾燥が改善されれば、肌自体が強くなり、敏感肌も徐々に改善されていくのです。
当たり前のようなことではありますが、丁寧なケアは、どんな化粧品の効果も最大限に引き出します。
健やかな肌を育てるのは自分です。ぜひ丁寧に手をかけてあげて下さいね。