敏感肌の個人的ケアをひたすら掲載するサイト

乾燥肌は自分で改善できる

敏感肌1
小さい頃から乾燥肌で思春期には悪化してアトピー肌になり、長年肌の乾燥には悩まされてきました。今現在は30代後半になりアトピーは完治しておりますが、20代後半まではアトピーと付き合ってきました。そんな中で毎日肌を乾燥から守る方法はたくさん試してきました。中には全く効果がなかったりしたものも数多くありましたが、そのころからずっと続けていることもいくつかあります。

 

その中の一つが自分にあった化粧品を見つけてそれをずっと使い続けていることです。

 

私が使用しているのは敏感肌用の化粧水と美容液とオリーブオイルの3つです。基礎化粧品はこれだけで他の物は一切使用していません。できるだけ成分がたくさん入っていないものを使用しています。この基礎化粧品を使用するようになってから肌が回復していったように思います。自分に合った化粧品を探すのにものすごく時間も労力もかかりましたが、結果的には合うものが見つかって肌が回復したので良かったと思っています。

 

私はお風呂からあがったらできるだけすぐに顔に化粧水をつけるようにしています。また朝に化粧水をつける時は、その前に洗顔して少し濡れた状態で化粧水をつけるようにしています。そのほうが肌への化粧水の浸透性が良いように思います。

 

毎日気を付けていることは、できるだけ肌を清潔に保つことです。

 

お化粧はできるだけ薄めにしてファンデーションなどは水でも落とせるようなものしか使用していません。洗顔はしっかりするようにしています。クレンジングなどは使用せず、普通の石鹸を泡立てて使用しています。石鹸は泡立ちの良いものを使用して、たくさん泡立てて、もこもこにしてから泡で洗う要領で洗顔しています。そうすると肌への刺激が少なくて済み乾燥対策になります。

 

基本的に肌にやさしい生活をしていると乾燥肌は改善できると思っています。自分の肌としっかり向き合って毎日ケアしてやることが一番の改善法だと思います。

敏感肌の人必見!超低刺激な手作り化粧品

敏感肌だと、自分に合った化粧品を見つけるのが結構大変です。無添加化粧品や低刺激化粧品として市販されているものでも、刺激を感じてしまうこともよくあります。逆に、刺激は感じないけど、いまいち保湿力が物足りないこともあったりするでしょう。

 

そこで超敏感肌の方にオススメしたいのは、手作り化粧水やクリームです。

 

自分の肌に合う物がないのであれば、自分で作ってしまえばいいといった発想です。単純な発想のように思えますが、実はこれかなり理にかなっている方法です。究極に低刺激である上に、自分の肌に合わせて調節もできるので、肌にピッタリの化粧品が作れます。今回は、化粧水とクリームの作り方をご紹介したいと思います。

 

化粧水は、精製水100mlとグリセリン5〜10mlを混ぜるだけで作れます。

 

グリセリン濃度は10%以上になると、肌の乾燥を引き起こす原因となるので要注意です。これだけでも十分保湿効果を実感できます。好みや肌状態に合わせて、プラセンタやヒアルロン酸、尿素、ローズウォーター、コウジ酸原末など足すことも可能です。ただ材料が増やすと、その分刺激の原因になる可能性もあるので注意しましょう。

 

クリームは、材料によってテクスチャーが大きく違ってきます。

 

植物性乳化ワックスを使うと柔らかくなるのでオススメです。植物性乳化ワックス5mlとホホバオイル25mlを容器に入れ、湯煎かレンジで加熱して溶かします。同時に精製水30mlを別で60〜70度に温めておきます。そして、温めた精製水をワックスとホホバオイルの中に加え、泡だて器などで混ぜ合わせます。徐々にクリーム状に乳化してきます。あとは、好みで精油やビタミンEオイルなどを加えます。
敏感肌2

手作り化粧品はいずれも冷蔵庫保存し、1〜2週間程度で使い切るようにします。

 

作り変える際、容器の消毒もしっかり行うようにします。プラスチック容器ならエタノール消毒、ガラス製なら熱湯消毒をします。防腐剤が入っていませんので、衛生面はしっかり管理することが大切です。

 

シンプルな材料で作る超低刺激な化粧品なのでとても肌にやさしく、刺激を感じやすい敏感肌の人に最適です。多少作る手間がありますが、コスパもいいですし、肌状態の改善にも役立ちます。

 

再春館製薬のドモホルンリンクルも敏感肌にはオススメです!!
良く40代からの基礎化粧品とか言われているのですが敏感肌の人は20代からでも使ってOKとか個人的に思っています。

 

私が敏感肌対策としてこだわっている事。

私は敏感肌で、化粧品が合わないとすぐに肌が痒くなったり、吹き出物ができたりしてしまいます。

 

そんな私が特にこだわっているのは、化粧品の成分です。

 

化粧品は全て無香料・無着色・無効物油の物を使用しています。低刺激とだけ書いている物は使ってみてイマイチ合わない事もあったので、必ずこの3つの表示がされている物を購入しています。

 

若い頃は成分など全く気にせず、パッケージが可愛くてオシャレな物を買っていました。しかし年齢と共に乾燥や痒みなどの肌トラブルが起きるようになり、成分を気にするようになってきた時に、無効物油のものが良いと美容部員の方に教えてもらいました。おかげで肌トラブルは改善され、今は40代ですが、20代の頃よりも安定して化粧ノリも良いです。

 

インターネットで無効物油の商品のランキングを見て調べたりもします。

 

1つのサイトでは信用できないので、複数のサイトを調べて共通して評価が良い物を選ぶようにしています。無効物油の商品でも今はわりと安価な物もありますし、ドラッグストアなどで購入できる物もたくさんあります。

 

それと洗顔の際に、極力肌に刺激を与えない事です。

 

私はなるべく肌に触らない!というのを心掛けています。顔を洗う時は泡立てネットでモコモコの泡を作って、優しく優しく、手が肌に直接触れないように泡の弾力を利用して洗うようにしています。流す時は勢い抑えめのシャワーを掛けるだけ、手でバシャバシャはしません。そして顔を拭く時はガーゼハンカチを使います。ガーゼハンカチは安く買えるし、主に赤ちゃんに使う物なのでとてもお肌に優しく、てオススメです。決してこすらず水滴をそっと抑えるように拭く事がポイントです。
敏感肌3
私はこのような方法で敏感肌の対策をし、いつまでもキレイな肌でいられるように日々心掛けています。

更新履歴